高級車の「納車式」

購入

こんにちは、ロッソです。

車でも何でもそうですが、高額商品を購入したとき、それが納品されるまでとてもワクワクしますよね。

 

車以外で言うと、例えば「時計」などがそうでしょうか?

 

高額な時計を購入すると、ブランドにもよるでしょうが、必ず点検してからの引き渡しになると思います。

点検が完了し、再度来店で引き渡し。

引き渡しを待っている時間も楽しいですが、その手渡される瞬間も楽しいですよね。

しかし、その引き渡し時に「えっ、こんな感じ?」なんて思うブランドも・・・。

 

何というか、正直、雑と言うか・・・。

 

いえ、良いんですよ。そういった「特別感」を求めていない人もいますからね。

わたしも正直言えば、あまり盛大なのは苦手です。

そしてこういった話は、同じように、車の納車にも当てはまってくるかと思います。

そこで今回は、マセラティを含む高級車の「納車式」について考えてみたいと思います。

盛大な納車式

一時期ネット上で、「レクサスの納車式が凄い」などと注目が集まったことがあります。

その内容を見ると、「花束やシャンパンを渡し」「ディーラー従業員総出」でお祝いするといった内容でした。

その様子が写真に収められたものもありますが、皆さんとても嬉しそうですね。

高額商品だけに、「お客様に特別な体験をして頂きたい」というレクサスの熱意が伝わってきます。

レクサスのサービスは素晴らしい

わたしはレクサスを購入したことがありませんが、試乗で何度か訪れたことがあります。

マセラティを購入する際にも、比較のために足を運びました。

レクサスの店舗はあちこちにあるので、店舗も複数回ったのですが、その度に思うのが「素晴らしいサービス精神だな」という事。

 

これは、どこの店舗に行っても共通しています。

 

実際、レクサスはトヨタ系列ですが、誰でもがレクサスのスタッフになれるわけではないそうです。

優秀なスタッフを厳選し、レクサスの講習を修了した人のみが店舗に立てるそうですから、それはそうかもしれませんね。

皆さんとても素敵な笑顔で迎えて下さるし、中でも一番わたしが感動したのが「お見送り」でした。

通常、どこのディーラーに行っても、駐車場を出てお見送りをしてくれますよね?どこでもやっている事ですが、レクサスは一味違う。

なんて言ったら良いんでしょう・・・、お辞儀の角度や姿勢など、どこか洗練された感じがします。

 

そこへいくと、他の高級自動車ブランドは、どこか「義務的」という感じ。

 

特に某ブランドは、どこのディーラーでもその印象が強いです。

いえ、マセラティではありませんよ(笑)。わたしはブログで、悪口を言わないと決めています。ここでブランド名を出したら、悪口になっちゃいますからね(笑)。

ただ、このブログを読まれている方であれば「あぁ、あそこかな?」なんて気づくかもしれませんが(笑)。

レクサスの納車式もディーラー毎に

このように、サービス精神に溢れたレクサスですから、前述したような「納車式」を行うのも頷けますよね。

 

しかし最近は、どんどん控えめになっているそうです。

 

また、その内容もディーラーによって違うとか。

よく勘違いされますが、レクサスやトヨタは、マセラティと同じように「レクサス○○店」などと、ブランド名を冠していますが、あくまで「正規代理店」というだけで、トヨタの子会社ではありません。

各地域ごとに販売会社があり、トヨタと出資関係はなく、全くの別会社となっているのです。

ですから、そういったサービスの内容は、各販売会社によって変わってくるのは当たり前かもしれませんね。

また、最近どんどん内容が控えめになっているというのも、お客さんの意向を重視しているからかもしれません。

どちらかというと日本人は、そういった派手な演出を避ける傾向があります。

 

正直に言って「気恥ずかしい」と言ったところでしょうか。

 

ですからレクサスは、そういったお客さんの気持ちを汲み取って、派手な納車式をどんどん控えめにしているのかもしれません。

日本人には向いていないサービスなのかもしれませんね。

他のブランドは?

では、他の高級自動車ブランドでの納車は?というと、「まぁ、フツー」と言ったところでしょうか。

メルセデスやBMWなどは、当日、電車やタクシーなどでディーラーに行き、簡単な説明を受けて「さあ、どうぞ」という感じ。

ただ、これらのブランドもディーラーによっては、趣向を凝らしているところもあるようです。

 

こちらも「ディーラーによる」といったところでしょうね。

 

ですが基本的に、わたしは今まで「雑」と感じたことはなく、逆にこれくらいで良いかなと思える感じでした。

これはポルシェなども基本的に変わりません。

では、「超」高級車の納車は?となると、これは「ブランド」と「車両の金額」によって変わってくるようです。

例えばランボルギーニであれば、一般的な車両などは(まぁ、すでに金額的には一般的ではありませんが(笑))、普通に店舗に取りに行って、説明を受けて「さあ、どうぞ」と。

しかし、特別なもの(ワンオフや限定生産)になると、それなりの対応があるようです。詳しくはわかりませんが(笑)。

だってそうですよね、ワンオフとは、特別な顧客にしか販売しないモデルですし、「限定生産」モデルでもほとんどが「一見さんお断り」です。

そんな人たちがブログで「納車こんなだよ」なんて、教えてくれたりしませんもんね(笑)。

ですので、基本的には一部を除いて、多くのブランドがさほど変わりがありません。

マセラティは?

では、マセラティの納車は?という事ですが、これも普通に店舗まで取りに行く事は、他のブランドと変わりません。

店舗に行って、説明を受けるのも一緒。

ただ、全てのディーラーで対応しているかわかりませんが、自宅への納車もしてくれます。

わたしは、車を受け取ってから、そのままドライブに行きたかったので、店舗での納車をお願いしました。

マセラティも、納車に関しては他のブランドとあまり変わらないと思います。

ただ、プレゼントでスパークリングワインは頂きました。シャンパンじゃないのは、イタリアブランドだからでしょうね。

 

他に特筆することもなく、いたって普通というところでしょうか。

 

まあこれも、全てのマセラティディーラーが、同じ内容ではないと思います。他のブランドと同じく、「ディーラーによる」といったところでしょうね。

まとめ

高級ブランドだからと言って、すべてのブランドが過剰な演出をするわけではありません。

 

わたし的には「ちょうど良い」かと。

 

ただ、「せっかく高い買い物をするんだから、派手なほうが良い」という人には期待外れかもしれません。

そういった方は、ディーラーさんにアピールするのも一つの手かもしれません。

「フラワーシャワー」くらい、してくれるかもしれませんよ。

・・・冗談です(笑)。