夏にドライブを楽しむならココがおススメ「関西版」

わたしのお気に入り

こんにちは、ロッソです。

以前の記事夏にドライブを楽しむならココがおススメ「関東版」では、関東地方を中心としたおススメのドライブコースをお伝えしました。

で、今回はその続編という事で、「関西地方」のおススメドライブコースをご紹介したいと思います。

 

ただわたし、今回この記事を書くにあたり、少々悩むことに。

 

というのも、わたしの中でのドライブって、行く先々で信号も少なく、スーッと走り抜けるイメージなんです。

となると、高速道路が一番適していると思うのですが、それも何だか味気ないと。

そんな事をあれこれ考えていると、関西でこういったドライブコースは少ないような気がして・・・。

 

いえ、あるにはあるんですよ。

 

例えば、芦有(ろゆう)ドライブウェイなどは、関西のドライブコースとしては有名ですよね。

また京都で言えば、「比叡山ドライブウェイ」「奥比叡ドライブウェイ」などもよく知られています。

ただ、こういったドライブウェイやスカイラインなどが、全体的に関東に比べると少ないように感じます。

更に言えば、誰でも知っているコースを紹介しても面白くないかと。

「そんな事ない!関西にもたくさんある!」という方がいらっしゃったらすみません。

その辺は、わたしの勉強不足だと思いますので、どうかご勘弁を。

ただ今回は、ちょっと趣向を凝らしてみたので、ほんの少し、お付き合い頂ければと思います。

奈良「寺社仏閣」ルート

まずは、奈良「寺社仏閣」ルートという事で。

基本的に今回は、「〇〇を巡る」ドライブルートという内容で、進めていこうと思います。

さて、奈良と言えば歴史の古い地域で有名ですが、国宝や重要文化財の数が全国で3位だという事をご存知でしたでしょうか?

 

建造物の数で言うと、京都を凌ぐ全国第1位です。

 

意外とこれ、知られていないんですよね。奈良県民の方でも、あまり知らないようです(笑)。

ありきたりかもしれませんが、せっかくですから奈良県は、寺社仏閣を巡るルートがおススメかと。

 

わたしのおススメのルートは下記の通り。

長谷寺(桜井市)⇒大神神社(桜井市)⇒東大寺(奈良市)

地図にするとこんな感じ。

 

グーグルマップでは、一般道を表示する事が多いですが、桜井市から奈良市の間は、無料の高速道路やバイパスもあるので、ご自身の車のナビに従った方が良いかもしれませんね。

では、それぞれ見ていきましょう。

長谷寺(はせでら)

出典:一休

所在地 :奈良県桜井市初瀬731-1

入山時間:8:30~17:00(4月~9月)

9:00~17:00(10月~11月・3月)

9:00~16:30(12月~2月)

入山料金:大人500円

駐車場 :普通車500円

まずは長谷寺から。

西国三十三所の札所としても有名ですよね。

上記の画像は本堂で、こちらは国宝に指定されています。

手前に見える舞台のような場所は、京都の清水寺のような造りとなっていて、かなり見晴らしが良い場所となっています。

わたしはこの長谷寺が大好きで、既に何回も伺っていますが、一つだけ問題が・・・。

というのもこのお寺、駐車場から本堂まで、かなり長い階段を上らなくてはいけません。

上の画像のような階段が、延々と続きます。

 

認めたくはありませんが、年々辛くなってきたわたし(笑)。

 

ただ、この長谷寺は、ご本尊に触れられることや、沢山の花が咲く事でも有名。

毎年、春と秋に特別拝観があり、この時に観音像に触れる事ができます。

また、花の御寺としても知られ、どの季節に行っても色とりどりの花が咲いています。

まだ行った事がない方は、ぜひ行ってみて下さい。

ちなみに、入山料が必要となります。

大神神社(おおみわじんじゃ)

出典:じゃらん

所在地 :奈良県桜井市三輪1422

ご祈祷 :9:00~17:00

駐車場 :無料駐車場有り

そしてお次が大神神社(おおみわじんじゃ)。

長谷寺と同じ桜井市内にあるので、移動時間としては20分程度で、かなり近い場所にあります。

ご祭神は「大物主大神(おおものぬしのおおかみ)」とされ、蛇神として知られています。

実際、境内の中を歩いていると、「白蛇」に遭遇する事があり、この蛇に出会えた人はラッキーかもしれませんね。

 

一応、わたしは遭遇したことがあります(笑)。

 

大神と書いて「おおみわ」と読ませるのも珍しいですが、この辺りは「三輪(みわ)そうめん」でも有名です。

神社の近くに何店舗か「三輪そうめん」を提供するお店があるので、暑い夏には丁度いいかと。

ちなみに、この大神神社に参拝したら、せっかくですから本殿から少し歩いたところに「狭井神社(さいじんじゃ)」という摂社があるので、こちらも参拝されると良いですよ。

狭井神社拝殿の裏手に回ると、「薬井戸(くすりいど)」という井戸があり、ここから湧き出る水を飲むと万病に効くと言われています。

病に効くか効かないかはわかりませんが、夏でも冷たくてとても美味しい水ですから、一度飲んでみては如何でしょうか?

駐車場に関しては、境内に入る鳥居近くに無料の駐車スペースがあります。

初めて行くと、有料駐車場に停めてしまいそうになりますが、この無料駐車場が境内に一番近いですので便利かと。

満車の事が多いですが、結構回転が早いので、少し待てば停めれると思いますよ。

東大寺(とうだいじ)

 出典:一休

所在地 :奈良県奈良市雑司町406-1(寺務所)

拝観時間:7:30~17:30(4月~10月)

8:00~17:00(11月~3月)

拝観料 :大人600円

駐車場 :近隣有料駐車場

そして最後が東大寺です。

少しベタかもしれませんが(笑)、奈良に行ったら外せませんよね。

上の画像は大仏殿ですが、この他にも二月堂など、さまざまな建造物があります。

奈良と言えば鹿が有名ですが、「かわいいっ」なんて油断していると、突進してくることもあるのでご注意を(笑)。

 

こんな感じで、至る所に鹿がいますから、「鹿せんべい」なんて持っていると、ウヨウヨと集まってきます(笑)。

道路上も平気で横断してきますから、奈良公園近辺では、スピードを出さないほうが良いですね。

これ以外にもおススメしたい場所が沢山ある奈良ですが、これだけでも1日十分楽しめるかと。

 

ただ、奈良の残念なところは、「宿泊施設が少ない」というところ。

 

多くの方が、奈良観光の後、大阪や京都に宿泊するようですね。

また、東大寺に行く際に注意が必要なのは、「近隣駐車場が少ない」という事。

恐らく、皆さんがイメージしている東大寺は、南大門近辺だと思いますが、この辺に駐車場はほとんどありません。

運が良ければ空いている事もありますが、休日などはかなり難しいかと。

多くの方が西大門駐車場を利用することになると思いますが、ここから大仏殿までは、少々歩きますのでご注意を。

最悪の場合、県庁横の駐車場が大きいですから、ここを利用するのも良いでしょう。

京都「スイーツ」ルート

そしてお次が、京都「スイーツ」ルートという事で。

「スイーツルート」なんて言うと、甘いもの好きのように思われるでしょうが、実はわたし、甘いものが苦手でして(笑)。

何故このルートをお勧めするのかというと、このブログに何度か登場している「関西出身の実業家Kさん」のゴリ押しです(笑)。

わたしが、「今度、こんな記事を書こうと思ってるんです」というと、「京都といったら甘味処でしょ?」と、一歩も譲りません。

 

・・・うーん、わたしのブログなのに(笑)。

 

実際、以前の記事マセラティで「長距離ドライブ」へでKさん達と旅行した時も、このルートを周りました。

まぁ、あれこれ言っても仕方がありませんので、ご紹介しようかと(笑)。

 

ルートとしては以下の通り。

中村藤吉本店(宇治市)⇒出町ふたば(京都市)⇒足立音衛門(大丸京都店内)

地図にすると、こんな感じ。

 

では、それぞれ見ていきましょう。

中村藤吉本店(宇治市)

出典:じゃらん

所在地 :京都府宇治市宇治壱番10番地

営業時間:10:00~19:00

定休日 :基本的に無休

まずは、中村藤吉本店から。

このお店、宇治市にあるのですが、宇治といえば抹茶で有名ですよね。

宇治市内には、抹茶を使用したスイーツを提供するお店が多いようですが、この中村藤吉本店は、その中でも人気のお店のようです。

まぁ、「ようです」というのは、訪問した際、かなりの行列でしたので。

 

スイーツ好きからすると、「ここは外せない」との事(笑)。

 

銀座や京都駅にもお店があるようですが、皆さん、一度は本店に行ってみたいのだとか。

一番の人気は、抹茶ゼリイや生茶ゼリイ。

しかし、ゼリーと書かずに、「ゼリイ」と書くからには、なんらかしらこだわりがあるんでしょうね。

専用駐車場がありますが、この近辺は道が細く、一方通行が多いので注意してくださいね。

出町ふたば(京都市)

 出典:じゃらん

所在地 :京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236

営業時間:8:30~17:30

定休日 :火曜、第4水曜

そしてお次が、出町ふたばです。

こちらの代表的なスイーツは、「豆餅」だそうです。

まぁ、豆付きの大福といえば分かり易いでしょうか?

京都の方なら知らない人はいないのだとか。

わたし、このお店に行くまで知らなかったのですが、こちらは店内で食べるスペースがありません。

 

要は、「並んで、買って、どこかで食べる」という・・・。

 

確かに美味しいのですが、わたしのように知らない人はご注意くださいね。

商店街のようなところで、とにかく並ばないといけませんから、それだけは覚悟して行きましょう(笑)。

足立音衛門(大丸京都店内)

出典:じゃらん

所在地 :京都市下京区四条通高倉西入立売西町79(大丸京都店B1F)

京都府福知山市内記44-18(本店)

営業時間:9:00~18:30(本店)

定休日 :元旦のみ(本店)

そして最後が、足立音衛門です。

実はこちらのお店、本店が京都府北部の福知山市というところにあります。

スイーツ好きの方々からすると、本当は本店に行く事をお勧めしたいようですが、ちょっと距離があるので、今回は百貨店内のお店で妥協(笑)。

 

このお店の一番の売りは、何と言っても「栗のテリーヌ」だそうです。

 

栗といえば「丹波栗」が有名ですが、ここのテリーヌは丹波栗の使用はもちろん、砂糖などの材料にもこだわっているようです。

確かに、甘いものが苦手なわたしでも、美味しいと感じるスイーツでした(たくさんは食べられませんが)。

まぁ、オンラインショップや各地の百貨店でも販売されているので、敢えてルートにいれる必要もないかと思いますが、ここはわたしの知人たちが「絶対に入れてほしい」と言ってるので(笑)。

その他、番外編

今回のスイーツルートは3店舗に絞りましたが、これ以外にも関西には美味しいお店が沢山あります。

そこで、上記以外のお店も少しご紹介しておきます。

みやけ(奈良市)

 出典:じゃらん

この「みやけ」というお店、わたしの知人たちがかなり押しているお店なのですが、奈良市という事で今回は除外。

夏はかき氷が有名ですが、季節限定の「クリーム苺大福」は確かに美味しかったです。

平日でもかなり混んでいる人気のお店です。

キルフェボン(京都市)

 出典:じゃらん

この「キルフェボン」も京都で有名なお店ですが、京都が本店ではありませんので今回は除外。

フルーツタルトがメインのお店で、ここもかなり混雑しています。

高瀬川沿いにあるので、京都らしい街並みを楽しみたい方には良いかもしれませんね。

まとめ

如何でしたでしょうか?

まさか、甘いものが苦手のわたしが、スイーツを紹介するなんて思ってもみませんでした(笑)。

まぁ、新しい京都の楽しみ方と言えばそうかもしれません。

この他にも、関西にはおススメのドライブルートが沢山ありますので、またそれについては、いずれお伝えしようかと。