国内旅行でもポケトークWは便利だと思う

ポケトーク

こんにちは、ロッソです。

先日、久しぶりに熊本県へと行ってきました。

レンタカーを借りて、あちこち回ったのですが、熊本地震の復興作業も着々と進んでいました。

ただ、地域によっては、道路のへこみなどが残っている個所もあり、改めて大変な災害だったのだと痛感しました。

 

さて、熊本と言えば観光でも有名な場所が多いですよね。

今回わたしは、九州の温泉地としても有名な「黒川温泉」にも行ってきました。

黒川温泉の泉質はとても良く、山の中にあるのにも関わらず、多くの観光客が訪れる事で有名です。

 

しかし、今回訪れてみて驚いたのが、外国人観光客がとても多いという事。

 

改めて、訪日客の多さに感心しました。

わたしが宿泊した旅館だけかもしれませんが、わたし以外、ほぼ海外の方ばかり・・・。

数年前では想像できない光景ですよね。

で、今回、もちろんポケトークWも持参していたので、多くの人たちと交流できて楽しかったですよ。

また、英語圏の人が少なかったので、「これは便利だ」と、注目の的にもなりました(笑)。

そこで今回は、その時のお話についてお伝えしようと思います。

黒川温泉の仲居さんは、英語が堪能

このブログで何度かお伝えしていますが、わたし、多少英語は話せますが、発音が壊滅的です(笑)。

もう、顔の骨格から問題があるのでしょう(笑)。

ですから、もうほとんど諦めています。

 

で、発音に関して、その旅館でこんな事がありました。

 

その日、わたしが旅館のロビーでコーヒーを飲んでいると、海外の方が英語で会話しているのが聞こえてきました。

ふと、そちらに目をやると、その話している相手は、旅館の仲居さんでした。

わたしはそれを見て、かなり驚いたのです。何故なら、

 

「わたしより、相当発音が良い」から(笑)。

 

冗談抜きに、かなりのレベルです。

しかも、一人だけでなく、何人もの方がペラペラと話します。

わたしが素直にそれを褒めると、仲居さん達は「いえ、全然ですよ」と謙遜します。

そして更に「英語だけじゃダメなんですよね」と教えてくれました。

英語を話せる旅行客は、意外と少ない

わたしが「えっ?どういうことですか?」と聞くと、仲居さんは、

 

「いえ、多くの方は、ある程度英語を理解して下さるのですが、細かいニュアンスになると結構通じない事が多いですよ。ですから、私達も、もっと勉強しないといけません」と。

 

うーん、頭が下がる思いです(笑)。

特に、桜の季節になると、フランスを中心としたヨーロッパ系の観光客が増えるようです。

日本人としたら、ヨーロッパ系の人であれば英語が話せるように思いますが(わたしだけでしょうか?(笑))、意外とそうではありません。

特にわたしの経験上、イタリアなどの南欧や東欧諸国の人々は、英語が話せない人が多いですね。

で、この仲居さんも、英語が話せない方が来られるとお手上げのようです。

グーグル翻訳なども使うそうですが、やはり使い勝手が悪いそう。

それを聞いたわたし、ニヤッと笑い「これ便利ですよ」と、ポケトークWを取り出したのです(笑)。

ポケトークWの翻訳精度は高いらしい

別にわたし、全国でポケトークを売り歩いている訳ではありませんので、そこは誤解のないように(笑)。

ただ、便利だから持ち歩いているだけです。

そこで仲居さんにポケトークWの説明をしていると、ロビーにいた海外の方々が「なんだ?なんだ?」と近づいてきました。

先ほどもお伝えしましたが、この旅館に宿泊していたのは英語圏以外の人がほとんどでした。

 

スペイン、フランス、中国と、多種多様。

 

それぞれの国の言語に設定し、ポケトークを使用すると、皆さん「これは便利だ」と感動していました。中には「売ってくれ」という人もいたのですが、そこは丁重にお断りさせて頂きました(笑)。

さて、ロビーで人気者になったわたし(笑)。以前から気になっていたことを、スペイン人の方に聞いてみました。

この方は、スペイン語だけでなく、英語、フランス語、日本語も話せる方です。凄いですよね。

そこでわたしは、「英語の翻訳精度はわかるんですが、他の言語はどうですか?」と聞いてみることに。

 

スペインの方
うん、スペイン語はかなり精度が高いと思うよ。

ただ・・・。

わたし
ただ?
スペインの方
これ、スペイン語も何種類か用意しているよね?
わたし
えーっと・・・、米国、アルゼンチン、コロンビアも含めたら、4種類かな?
スペインの方
そこは便利だと思うけど、結局表示が、スペイン本国で使われる単語だよね。

通じるとは思うけど、ラテンアメリカのスペイン語と、スペインのスペイン語じゃ単語も少し違うから、そこはもっと改良しても良いんじゃないかな?

 

だそうです。

ソースネクストさん、開発頑張ってくださいね(笑)。

まとめ

2018年の訪日外国人数は3,100万人あまりだったそうです。

2011年が620万人程度でしたから、約5倍にもなったわけです。

このまま増え続けていったら、オリンピックの開催される2020年はもっと凄いでしょうね。

商売をされている方なら、インバウンドという見方をするかもしれません。しかしそれだけでなく、異文化の人との交流と捉えれば、別の視点も見えてくるはずです。

国内旅行でもポケトークW、結構使えますよ(笑)。