各自動車ブランドのキャッチフレーズについて考える

プラス知識

こんにちは、ロッソです。

大企業になればなるほど、ブランドイメージを大切にするものです。

ロゴを見ただけで、「あっ、あの企業だな」と、多くの人がわかるようになれば、そのブランド戦略は成功していると言えますね。

特に外国企業は、そういった戦略に長けているように思います。

特に、企業のキャッチフレーズ。

 

例えば、「インテル入ってる」なんて、パソコンに詳しくない人でも知っているのではないでしょうか?

 

その点、日本企業は全体的に、こういった「ブランド戦略」が苦手かもしれません。

ではマセラティは?となると、ロゴは少しは知られているかもしれませんが、キャッチフレーズは「そもそもあるんですか?」といった状態(笑)。

商品やサービスを磨くのも大事ですが、こういった事も力を入れたら良いのに・・・と、考えるお節介なわたしです(笑)。

そこで今回は、他の自動車ブランドのキャッチフレーズと、「おっ、これは!」とわたしが思う、秀逸なキャッチフレーズをお伝えしようと思います。

マセラティさんも参考にして頂ければ(笑)。

ドイツの自動車ブランド

まず、比較的ブランド戦略に強い、ドイツ勢から見ていきましょう。

BMWのキャッチフレーズ

BMWのキャッチフレーズは、車好きの方ならほとんど知っているでしょうね。

 

『駆けぬける歓び』

 

あれ?どこかで見たような・・・。

たぶん気のせいですので、そっとしておいて下さい(笑)。

わたしのブログは「かけぬけるよろこび」ですから、全く違いますよね?(笑)

さて、本国でもこういった表現なのでしょうが、これを日本語訳した人は、中々センスが光ります。

最近は、「喜ぶ」も「歓ぶ」もあまり使い分けされていませんが、「歓声」というぐらいですから、通常の喜びよりも更に上の歓びといった感じに理解できますよね。

「よろこび」となれば、「喜び」と訳したいところですが、あえてこれを「歓び」としたところが素晴らしいですね。

メルセデスのキャッチフレーズ

これは、意外と知らない人が多いようです。

 

『The best or nothing(最善か無か)』

 

一応、メルセデスのHP上で、ブランドロゴの下に書いてあります。

これはダイムラーの哲学のようですね。

ドイツ人らしい、少々お堅い印象は受けますが、ブランドに対して安心感を覚えるキャッチフレーズです。

ポルシェのキャッチフレーズ

BMWやメルセデスは、分かり易いのですが、ポルシェは「これ」というのが無いような・・・?

敢えて言うのであれば、

 

『最新のポルシェが最良のポルシェ』

 

かなと。

ただしこれは、厳密に言えば「911へのキャッチフレーズ」だと思うので、ポルシェという企業全体では無いのかもしれませんね。

(わたしの勘違いでしたら、すみません)

日本の自動車ブランド

日本企業全体で見れば、海外に比べて見劣りしますが、自動車メーカーは頑張っている感はありますね。

TOYOTAのキャッチフレーズ

世界中で販売網のあるTOYOTAですので、各国でのキャッチフレーズが異なるようです。

また、どいう訳か、TOYOTAはしょっちゅうキャッチフレーズを変更しているので、「これ」というのも難しい。

敢えて言うなら、

 

『FUN TO DRIVE, AGAIN』

 

でしょうか?

良く言えば、時代に合わせているから、その時代によって変えているという事かもしれませんね。

HONDAのキャッチフレーズ

日本車でTOYOTAの次と言えば、HONDAが想像されますが、販売台数から言えば、大きく引き離されています。

しかし、創業者である本田宗一郎氏の根強いファンもいて、「わたしはHONDAしか買わない」なんて人もいるようですね。

では、HONDAのキャッチフレーズはというと、

 

『The Power of Dreams(夢の力)』

 

が有名ですね。これは、全世界共通のキャッチフレーズになっています。

どこか、夢をひたむきに追い続けた本田宗一郎さんを連想させるフレーズですね。

「夢の力でもって、素晴らしい車を作るんだ!!」

という気持ちが伝わってきます。

日本企業の秀逸なキャッチフレーズ

ここで、マセラティと同じイタリアの自動車メーカーのキャッチフレーズも調べようと思いましたが、ほとんどのイタリアメーカーはキャッチフレーズが無いようです。

フェラーリやランボルギーニで考えても、もう名前自体がブランドみたいなものですからね。

イタリア人は、そういった意味でも違う角度からのアプローチが得意なようです。

まぁ、マセラティもイタリアメーカーのはずですが(笑)。

さて、自動車ブランドだけでは物足りないので、ここでは秀逸なキャッチフレーズを持つ、日本企業について見ていきたいと思います。

SONYのキャッチフレーズ

一時期はアップルに押され、衰退しかけたSONYですが、このところ盛り返してきているようです。

「ウォークマン」や、「プレイステーション」など、ネーミングには定評のあるSONY。

このSONYのキャッチフレーズは、誰もが知っていると思います。

 

『it's a Sony(それが、ソニー)』

 

単純明快でわかりやすく、しかもどこかカッコいい。

どことなく、HONDAに似ているようにも思えます。

本田宗一郎さんと、SONYの創業者である井深大さんは、大の親友であったことは有名な話です。

どちらも、何の後ろ盾のない状況で、これほどの企業を育て上げたという共通点からも、こういったどこか尖った感じのキャッチフレーズを作ったのかもしれませんね。

JR東海のキャッチフレーズ

JRと聞くと、もともとが国鉄が民営化した会社ですから、少々お堅いイメージがありますが、ブランド戦略においては、かなり実力のある企業ですね。

これは、誰もが聞いたことのあるフレーズでしょう。

 

『そうだ 京都、行こう。』

 

これで、京都人気に火が付いたといっても過言ではありません。

会社名自体は「JR東海」ですので、京都という単語は全く関係ありません。

しかし、東京から京都に行くとすれば、東海道新幹線を使わざるを得ない。

・・・うまい、上手すぎる(笑)。

また、「シンデレラエクスプレス」の方が、馴染みがある方が多いかもしれませんね。

まとめ

余談にはなりますが、わたしが昨年(2018年)京都へ行った時、外国人観光客の多さに驚きました。

昔(といっても数年前)は、花見小路を歩いていても、夜はそんなに人通りはありませんでした。

しかし、昨年行った時は「ここは竹下通りか!」というくらいの人(笑)。

しかも、ほとんどがアジア系の観光客の方ばかりでした。

昔は、京都に来る外国人は、フランスの人が多かったんですがね~。

やはり、「京都」自体がブランド化していることに他なりませんね。改めて「ブランド化」の大切さに気付かされました。

マセラティさんにも頑張ってほしいなと(笑)。

ここで、お節介ではありますが、そんなマセラティさんにおススメの「キャッチフレーズを創る上で参考になる本」をご紹介します。

面白い本ですので、皆さんも読んでみられては如何ですか?

まずこちらは、初心者にも分かり易い内容です。言葉をどういった風に組み合わせるかで、相手にどのように伝わるかなどが書かれています。

 

 

次にこちらは、少し上級者のための内容となっています。仕事で広告の企画やダイレクトメールなどを作成する人には参考になると思いますよ。