マセラティ新型車が2020年5月に発表

プラス知識

こんにちは、ロッソです。

マセラティジャパンの公式HPにおいて、「2020年5月に新型車を発表します」なんて事が書かれています。

カモフラージュカーの写真も掲載していますから、一応本当なんでしょう。

 

ただわたし、「どうしても信用しきれない」部分があるので、この記事を書くのも「どうしようかぁ~」と。

 

これまでマセラティには散々ガッカリさせられてきたもので(笑)。

まぁ、本人たちが「出す」と言っているんですから、今回はその前提で、この「新型車」について考えてみようと思います。

マセラティはすぐに計画を変更する

とは言え、マセラティはこれまで何度も計画を変更してきていますから、発表するにしても「2020年5月」までに発表するかは怪しいところ。

しつこいですか?(笑)

これまでの記事「マセラティのEV化は実現するのか?」や「マセラティの事業計画は、疑うくらいで丁度いい」でもお伝えしてきましたが、とにかくマセラティは、しょっちゅう計画を変更します。

例えば、「これからはEVでしょ」なんて言っておきながら、「やっぱりマセラティはガソリン車じゃなきゃダメだよね」なんて言ってみたり、「アルフィエーリ、出すよ」と言いながら、「うーん、もう少し待って」と、もう4、5年は待たされています(笑)。

 

まぁ、「イタリア人らしい」と言ってしまえばそれまでですが(笑)。

 

ですから、わたし個人の意見としては、発表は遅れるでしょうし、デリバリー開始も相当先になるんじゃないかなぁ~と考えています。

新型車はミッドシップ?

出典:マセラティジャパン

今回発表されたカモフラージュカーの写真を見ていると、恐らく今回の新型車はエンジンが中央にくる「ミッドシップ」になるのかぁ~と。

 

実際、マセラティジャパンのHPでも「クルマの中央には新しいエンジンが搭載されています」と書かれています。

 

これまでの「ラグジュアリーカー」というよりは、完全な「スポーツカー」として売り込む戦略なのでしょうね。

また、写真が暗くてよく分かりませんが、恐らく「2シーター」であることに間違いはなさそうです。

今後改良を重ねていくのだと思いますが、ボディの形状は「フロントはポルシェ」「リアはアウディR8」に似ていると思うのはわたしだけでしょうか?(笑)

エンジンは100%マセラティ製

出典:マセラティジャパン

その他の特徴としては、エンジンが100%マセラティ製であるという事。

これまでマセラティはフェラーリからエンジンの供給を受けていましたが、つい最近フェラーリは「今後マセラティへのエンジン供給は終了する」と発表していました。

フェラーリが断ったのか、それともマセラティが「もう自分で作れるよ」と断ったのかは分かりませんが、今後「純マセラティ」へとこだわっていくようです。

エンジン音に関してはマセラティの公式HPや、マセラティのTwitterなどで聴けますから、一度確認してみて下さい(恐らく新型車のエンジン音なんだと思いますが)。

お値段いくら?

出典:マセラティジャパン

最終的に気になるのは、やはり「お値段はいくら?」ということかと思います。

 

ここは難しいでしょうねぇ~。

 

高く設定し過ぎたら売れませんし、安過ぎたら儲かりませんからね。

結局、どの程度のスペックかにもよるかと。

例えば、アウディR8であれば3,000万円からとなりますし、ここをターゲットにするなら、これまでのマセラティからすると「ちょっと高いな」となります。

それほど魅力のある車であれば、売れるとは思いますが。

また、2,500万円位からであれば、他の高級スポーツカーメーカーと十分に戦えると思いますが、マセラティとしては、もう少し上げておきたいというのが本音かと。

という事で、スペックを見ないと分かりませんが、現時点でのわたしの予想は「2,700万円~3,200万円」位なんじゃないかと考えています。

まとめ

とまぁ偉そうに、勝手に価格予想までしましたが、わたしには到底買えるお値段ではありませんから、今後乗る事はないかなと(笑)。

しかし、将来的に購入できればいいなぁ~とは考えています。

ところでマセラティさん、アルフィエーリはいつ頃出来るんでしょうか?(笑)