マセラティの現行車種②

基礎知識

こんにちは。ロッソです。

前回の記事『マセラティの現行車種①』では、マセラティの現行車種5種類の簡単な説明と、パッケージについてお話ししました。

今回は、それぞれの車種について、もう少し詳しくお話していきたいと思います。

この記事の内容は、現時点(2018年10月)の情報をお伝えしています。

追記:消費税増税後の価格に変更しています(2019年10月)。

マセラティ Ghibli(ギブリ)

出典:マセラティジャパン

「最近、マセラティを見かけること増えたなー」

と、あなたが感じているのは、このギブリを見かけているからかもしれませんね。

 

ギブリは、マセラティのエントリーカー(最初に乗り始める車)として、ここ数年、飛躍的に登録台数を増やしているモデルです。

 

実際、ディーラー営業マンも「売り上げの伸び率が、ハンパないです」と言っていました(もともとが少ないんだから・・・という意見もありそうですが(笑))。

さてこのギブリ、何十年も前から、この名称の車はありましたが、当時は2ドアでした。

現行の4ドアタイプは、2013年に発売され、多少の変更を加えながら、現在も販売されています。

4ドアなのに、セダンっぽくないのは、もともとが2ドアだったからかもしれませんね。わたしは、この流れるような形が大好きです。

ギブリの種類

『ギブリは、1,000万円を切る高級車』

なんて宣伝されていますが、それは『ベースグレード』と『ディーゼル』だけのお話。エンジンの形式などで、次のように大きく4つのタイプに分かれています。

グレード簡単な説明お値段
ギブリベースグレード¥9,800,000~
ギブリSベースグレードより馬力アップ¥11,600,000~
ギブリSQ44輪駆動¥12,350,000~
ギブリディーゼルディーゼルエンジン¥8,750,000~

ここで、意外と知られていないのが、『ギブリとギブリSでは見た目の違いがわからない』という事。

「うーん。だったら、安いベースグレードでいいんじゃない?」

なんて考えるかもしれませんが、わたしは断然『ギブリS』をおススメします!その理由については、また別の記事でお伝えしますね。

 

マセラティを購入するなら「どのグレード」が良いか?

 

マセラティ Quattroporte(クアトロポルテ)

出典:マセラティジャパン

こちらも、ギブリと同じく4ドアセダンですが、格付けとしては『ハイクラスセダン』という取り扱いになります。

よく『このモデルのセグメントは~』なんて聞いたことありませんか?

この『セグメント』とは、要するに他の自動車ブランドの、どのタイプの車のランクですよって事(説明が簡単すぎますか?(笑))。

例えば、ギブリと比較される他社ブランドの車は、メルセデスだったら「Eクラス」、BMWだったら「5シリーズ」という感じです。

わたし個人としては、「ギブリがEクラスと一緒?・・・うーん」という感じですが、世間様がそう言うのだから仕方ありませんね(笑)。

 

そこで、このクアトロポルテのセグメントはというと、メルセデスで「Sクラス」、BMWで「7シリーズ」だそうです。

 

イメージとしては、「運転手さんが運転してくれて、オーナーは後部座席に乗る車」という感じでしょうか?

クアトロポルテの種類

さあ、今日もわたしの大好きな『グーグル翻訳』さんによりますと、クアトロポルテの直訳は、

 

『4つのドア』(笑)

 

わたし、こういった感じ大好物です。イタリアっぽくて(笑)。つまり『4ドアセダンだよ』って事ですよね。

しかし、4ドアセダンといえども、そこはマセラティ。エンジンや内装など、かなり攻めた作りになっています。

グレード簡単な説明お値段
クアトロポルテベースグレード¥12,900,000~
クアトロポルテSベースグレードより馬力アップ¥14,900,000~
クアトロポルテSQ44輪駆動¥15,850,000~
クアトロポルテGTSV8エンジン¥20,350,000~

クアトロポルテとクアトロポルテSの違いとしては、ギブリと同じくパワーの違いのみで『S』とは『スポーツ』の意味なのでしょうね。

しかし、このパワーの違いは運転するとよくわかります。これはギブリでも同じですから、購入前の試乗で、必ず乗り比べてくださいね。

 

こうしてみると、ギブリとの違いは『ディーゼル車がなくて、そのかわりハイエンド車がある』という事でしょうか。

S Q4の注意事項

個人的にわたしは、4輪駆動に魅力を感じませんので、購入時の検討候補には入れませんでしたが、車好きの方の中には、

「スポーツ車なら4輪駆動」

なんて方もいるかもしれませんね。そんな方にご注意いただきたいのが、

 

『SQ4は、左ハンドルのみ』

 

という事です。昔は輸入車といえば左ハンドルでしたが、最近は右ハンドル対応のメーカーが増えています。

「左ハンドルはちょっと・・・」

とお考えであれば、必然的に候補から外れてしまいますね。

また、これはギブリも同様ですからご注意ください。

これは2018年10月現在の情報ですので、今後変更があるかもしれませんね。

マセラティ Levante(レヴァンテ)

出典:マセラティジャパン

お次は、マセラティ唯一のSUVである『レヴァンテ』です。

しかしこの「SUV」って、定義が曖昧だと感じているのは、わたしだけでしょうか?

一部の車好きの方に、こんな事を言えば、「フッ」と鼻で笑われそうですが、

じゃあ実際に、そういった方々に「詳しく説明してみてよ」というと、さんざん話した挙句、最終的には

 

「その~・・・ジープみたいなヤツ」

 

で終わらせようとします(笑)。

まあとにかく、今やランボルギーニまでSUVを出す時代なので、各メーカー共、1モデルは用意しなければいけないのでしょうね。

レヴァンテの種類

レヴァンテは最近(2016年)発売ということもあるのか、次の3種類となっています。

グレード簡単な説明お値段
レヴァンテベースグレード¥11,000,000~
レヴァンテSベースグレードより馬力アップ¥13,600,000~
レヴァンテディーゼルディーゼルエンジン¥10,200,000~

ギブリやクアトロポルテのように、『SQ4』の設定がないのは、レヴァンテは全車種に標準で設定されているからです。

SUVだけに、4輪駆動じゃないって可笑しいですもんね(笑)。

マセラティ GranTurismo(グラントゥーリズモ)

出典:マセラティジャパン

さあ、やっと登場!!これぞ、『ザ・高級スポーツカー』という感じの『グラントゥーリズモ』です。

昨年(2017年)にモデルチェンジしたばかりのこの車。

それまでは、他のマセラティモデルと同じように、数種類のグレードを用意していましたが、今回からは2つのタイプのみに絞り込んでいます。

エンジンが『フェラーリ488GTB』と同じタイプというのですから、それだけでも何となく凄いと思わせる(笑)。

グラントゥーリズモの種類

グレード簡単な説明お値段
グラントゥーリズモ スポーツベースグレード¥19,250,000~
グラントゥーリズモ MCエンジン同じで、マフラーの位置などが違う¥22,570,000~

両グレード共に、エンジンは同じなのですが、マフラーやボンネットの形状が異なります。

これは、MCが「とにかく走ることを追求」した結果なのかもしれません。

しかし、日本でそんなに走りこめる場所があるかどうか・・・。

「サーキットで走りたい!」とか「とにかく高いのが好きなの!」とか言わない限り、スポーツで十分だと思いますよ。

とにかくエンジン音が凄くイイ!!

・・・のですが、「ご近所さんの手前・・・」という方は、やめておいた方が無難です(笑)。

マセラティ GranCabrio(グランカブリオ)

出典:マセラティジャパン

最後に、マセラティ唯一のオープンカーです。

しつこいようですが、5種類しかないので、ほぼ『唯一』となります(笑)。

『グラン』は素晴らしいという意味で、『カブリオ』は、オープンカーを表現していますので、意味はそのまま

『素晴らしいオープンカー』(笑)

あっ、もうこのネタはいいですか?(笑)

グランカブリオの種類

グレード簡単な説明お値段
グランカブリオ スポーツベースグレード¥20,370,000~
グランカブリオ MCエンジン同じで、マフラーの位置などが違う¥22,150,000~

グランカブリオも、グラントゥーリズモと全く同じ設定となっています。

基本的に、2車種とも4シートですが、後部座席に乗るのは少し狭いかもしれません。

しかし、高級スポーツカーにありがちな2シートではありませんので、二人で乗る分にはバッグの置き場所には困りませんね。

意外とこれ、些細なことですが、使えば使うほど感じるものですよ。

グランルッソ グランスポーツ

マセラティの車種は、上記の5車種のみですが、『オプションパッケージ』として

『ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテの3車種のみ』に、この『グランルッソ』と『グランスポーツ』を用意しています。

パッケージって何?とお思いの方は、こちらを参考にしてみて下さい。

 

マセラティの現行車種①

 

なぜ、3車種だけの設定かと言いますと、これはわたしの想像ですが、もともとグラントゥーリズモとグランカブリオは、細かいオプション設定が用意されていて、ボディーカラーやレザーシートなどの種類が、他の3車種よりも豊富に設定されています。

これは、他の高級自動車メーカーでも同様ですが、ある程度の金額を超えた車を購入される方というのは、徹底的に細部にまでこだわる事で、『自分だけのオリジナルカー』を作ろうとします。

残念ながらこれは、「お金はいくら掛かってもイイ」という感覚でないと出来ませんよね(笑)。

しかし、そこまではいかなくとも、せっかくマセラティを購入したのだから、少しは手を加えたいというのも人間の心理です。

そこで、パッケージにすることで、少しでもお安くお客様の要望に応えた結果が、このグランルッソとグランスポーツの設定という事なのでしょう。

素晴らしいですね、マセラティさん。

しかし、わたしが購入する時にも設定しておいてほしかった(笑)。

何でもそうですが、後から出たもののほうが、お得なんですねぇ~(笑)。

まとめ

さあ、長文お疲れさまでした。

今回は、全車種一覧でしたので、簡単な説明だけになってしまいましたが、今後は、それぞれの車種について、もっと掘り下げていきますね。

ちなみに、今回希望小売価格を掲載していますが、これは2018年10月現在の情報です。今後変更があるかもしれないので、ご注意くださいね。

外国企業は『為替変動のため』なんて、よくありますので(笑)。