マセラティ ギブリの『エンジン音』

パーツ

こんにちは、ロッソです。

わたしがマセラティを購入する前、一番気にしていたのが「故障」についてでした。

しかしこれについては、確かに問題があるにはありますが、実際乗ってみるとそれほど困ったこともなく、考え過ぎだったかなと。

 

そして、故障の次に気にしていたのが『エンジン音』です。

 

以前の記事高級車購入後の周囲の反応① - ご近所編でもお伝えしましたが、やはりご近所さんの事を考えると、爆音の車を購入するのは、少し気が引けてしまいますよね。

わたしのご近所さんは良い人ばかりですので、苦情などは一度もありませんが、マセラティがそれなりのエンジン音がするのも事実。

そこで今回は、わたしの所有するギブリSをメインに、マセラティのエンジン音についてお伝えしようと思います。

実は、それほど気になる大きさではなかった

購入してみて思う事は、「実は、それほど爆音でもないな」という事。

まぁ、慣れてしまったといえば、それまでですが(笑)。

確かに、一般的な車よりはうるさいですよ。でも、当初わたしは、フェラーリなどと同じようなあの独特の「甲高い音」を想像していたので、実際購入してみて「なーんだ」と。

 

ただ、しつこいようですが、「一般的な車より」はうるさいです(笑)。

 

ここで、「マセラティのエンジンは、フェラーリと同じエンジン」などと言っている人がいますが、あれは厳密にいうと少し違います。

確かに、クアトロポルテのV8エンジンなどは、「フェラーリ製」と謳っていますが、フェラーリのエンジンと全く同じという訳ではありません。

多少の組み換えは施しているので、「完全なフェラーリエンジン」とはならないかと。

まぁ、マセラティジャパンのホームページにも「フェラーリ製」なんて書いているので、勘違いしますよね。

 

また、「ギブリもフェラーリ製なんでしょ?」なんて事をたまに尋ねられますが、これも違います。

 

ギブリのエンジンは「フェラーリの工場で組み立てられている」だけであって、設計はマセラティが行ったものとなっています。

ですから、通常のエンジン音は、フェラーリのようなエンジン音は出しません。

ただ、する時はする

しかし、慣れているわたしでさえ、その爆音に驚くことがあります。

それが、

 

「冬の朝一番の始動」「久しぶりにエンジンをかけた時」

 

です。

この時ばかりは、近所中に鳴り響く爆音が聴けます。

いえ・・・、聴きたくはないんですが(笑)。

やはり冬の寒い季節は、エンジンが冷えていますので、「すぐに温めなきゃ」と、ギブリは頑張ってくれます。

まぁ、夏になれば落ち着いてくれるので、冬の間は「あぁ、もうそんな季節か」と、諦めるしかありません(笑)。

また、長期の旅行から帰ってきたときは、時間帯を気にしながらエンジン始動するとか・・・。

とにかく、「する時はする」と考えておいたほうが良いでしょう。

むしろ「爆音を出したい」という人は?

しかし、わたしとは逆に「せっかくマセラティを買ったんだから、爆音を出したい」という人もいるでしょうね。

人の好みはそれぞれです。

そういった人のために、ここで、マセラティのエンジン音を楽しむ方法をお伝えします。

スポーツモードで楽しむ

マセラティのギブリは、8速ATとなっており、ノーマルの状態で走ると「2,000回転程度」でギアチェンジがおこります。

ですから、普通に走っている限りは、そんなに音がうるさくないのですね。

 

そこで、ギブリに搭載されている「スポーツモード」のボタンを押すと、このギアチェンジのタイミングが変わってきます。

 

通常「2,000回転程度」であったのが、「3,000回転程度」でのギアチェンジに変わるので、これだけでもエンジン音はグッと変わります。

もちろん、加速も変わりますので、高速走行をする時などは、このスポーツモードにするだけでも楽しめますよ。

マニュアルモードで楽しむ

それでも、「もっとスゴイ音が聴きたい」という人もいるでしょう。

 

そういった方は、「マニュアルモード」に切り替えてみて下さい。

 

マニュアルモードといっても、シフトレバーや、パドルシフトでギアを変えるだけですので、マニュアルの免許は必要ではありませんからね。

いやこれ、ほとんどの方が知っていると思いますが、たまに勘違いする人もいるので、一応お伝えしてます(笑)。

写真で言うと、赤い丸の部分がパドルシフトで、この左側のレバーを手前に引くとシフトダウン、右側のレバーを引くとシフトアップになります。

もちろんこの操作は、シフトレバーでも出来ますからね。

ただ、パドルシフトで操作するのが一番楽ですよ。レバー操作をするだけで、すぐにマニュアルモードになります。

マニュアルモードに変えると、運転席にある液晶パネル上に、現在のギア数が表示されます。

そこでわざと、ギアを下げることにより、エンジンの回転数が急激に上昇するわけですね。

 

で、5,000回転を超えたあたりから、いよいよマセラティの本領発揮となるのです。

 

それこそ「フェラーリのような」あの甲高いエンジン音となり、好きな人にとっては至福の時間になるでしょう。

まぁ、街中でこれをやると、白い目で見られる可能性は高いですが(笑)。

ただ、厳密に言うと、フェラーリの音と全く同じという訳ではなく、マセラティ特有の音と言った方が正しいかもしれません。

これは是非、試乗などで試してみて下さいね。

簡単に楽しむ

そうは言っても、もっと簡単に楽しみたいという人もいるでしょうね。

 

そういった人は、マフラーを交換するしかないでしょう。

 

可変バルブを使って、エンジン音を抑えたい時にはバルブを閉じ、エンジン音を聴きたければバルブを開けるというように。

むしろ最近は、エンジン音を抑えたい人が増えているらしく、そのためにマフラーを交換する人もいるのだとか。

ただ注意が必要なのは、「マセラティメンテナンスプログラム」において、マセラティ正規ディーラー以外での整備や改造を行うと、保証の対象から外れてしまう場合がありますので、そこはよくご確認くださいね。

恐らく、ディーラーでのマフラー交換は難しいと思うので、「実績のある工場を知りたい」という人は、「グーピット」で検索してみて下さい。

【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

まとめ

如何でしたでしょうか。

今回はギブリを中心にお伝えしましたが、これらの楽しみ方は、クアトロポルテレヴァンテなどでも使えますので、興味のある方は是非試してみて下さい。

きっと「マセラティ買って、良かったなぁー」と、感じれると思いますよ。

わたし
マセラティのエンジン音の話なのに、実際の音がありませんよね。

ですから、頑張って録音してみました(笑)。

詳しくは、下記の記事をご覧になってみて下さいね。

【ギブリS】朝イチの爆音を録音してみた

2019年7月31日